ドクター

尿失禁は体操や薬物での対策が可能|感染力の高い性病

早期に治療することが大事

ナース

歳を取ると、膀胱も徐々に弱まってきます。しかし、最近では20代や30代の若い世代の女性も尿失禁で悩んでいます。尿失禁は、高齢の人に多い現象と思われていますが、様々な原因で若い人でも尿失禁を体験しているのです。尿失禁は大きく分けると咳などの刺激、または重い物を持つなどして力んだ時に起きる腹圧性尿失禁と、急にトイレに行きたくなり、トイレまで間に合わない切迫性尿失禁があります。また、寒い時期になると腹圧性尿失禁も切迫性尿失禁も格段に増えるとされています。尿失禁の対策として、尿漏れパッドや骨盤底筋を鍛える体操があります。尿漏れパッドは生理用ナプキンなどとは吸収度が違うようです。現在は多くの失禁対策として尿漏れパッドが販売されているので、失禁の量などに合わせて対策するといいでしょう。骨盤底筋を鍛える体操は、仰向けでも立ってでもできる簡単な体操で、膣を締めて緩めることを繰り返し行なう体操です。骨盤底筋を鍛えることができると、下に下がっていた膀胱を上に持ち上げることができるので、尿失禁を改善できます。また、泌尿器科で行なう治療として、腹圧性尿失禁は薬物療法や手術、切迫性尿失禁は薬物療法が中心となります。尿失禁も、早期に治療を開始することで大きな手術をしないで薬物療法や体操などで症状を良くすることができます。尿失禁で悩んでいる人は、まず泌尿器科を受診しましょう。そこで尿失禁の対策方法や、治療方法の指導を受けることができます。

自宅に取り寄せて検査する

医療器具

感染力の高い梅毒は、梅毒ペニシリン薬を使用し完治させることが可能です。感染の検査は泌尿器科などで受けることができますが、病院へ行くことができない場合は梅毒検査キットを取り寄せて検査ができます。

もっと詳しく

梅毒の初期症状

看護師

梅毒は初期の場合自覚症状がないこともあります。初期症状のうちから治療を始めることが大切です。万が一放置してしまうと、内臓や骨などにも炎症が起こることがあります。しっかりと治療を行ないましょう。

もっと詳しく

薬で治療ができます

医師と患者

排尿障害や膀胱炎などの感染症は、埼玉の泌尿器科で薬物療法などで治療することができます。医療技術が発達して、患者が選択できる治療の幅も格段に広がりました。プライバシーはしっかりと守ってくれるので心配はありません。

もっと詳しく