薬で治療ができます|尿失禁は体操や薬物での対策が可能|感染力の高い性病
女医

尿失禁は体操や薬物での対策が可能|感染力の高い性病

薬で治療ができます

医師と患者

高齢者に多い排尿障害は埼玉の泌尿器科で治療を行なうことができます。排尿障害と言っても、様々な症状があります。おしっこが出にくい、またはトイレに間に合わないなどといった症状が挙げられます。泌尿器科で排尿の診察を受けることを恥ずかしいからとためらっていると、症状が悪化してしまうこともあるので、早めに埼玉の泌尿器科を受診することをおすすめします。他にも、尿路結石症などが挙げられます。尿路結石症は再発しやすい病気と言われているので、しっかりと治すことが大事です。医療技術の向上により、治療の幅も広がってきました。泌尿器科の分野では、腎臓や尿管、男性であれば男性不全や生殖器の治療を行なうことができます。

埼玉の泌尿器科では尿検査以上にたいしてもしっかりとした治療を受けることができます。血尿などは前立腺肥大症などの可能性が考えられます。他にも、糖尿病や腎臓、尿路の感染症などが考えられる病気もあります。尿路の感染症として一番多いのが膀胱炎です。膀胱炎は、細菌感染によって尿道が炎症を起こすことで痛みが生じます。また、膀胱炎を患うと排尿時に痛みが伴うこともあるので早期の治療が必要です。埼玉の泌尿器科では、利尿促進や抗生剤を服用しての治療になります。他にも、性行為による感染症も埼玉の泌尿器科で診断を受けることができます。性病で多いのがクラミジアです。クラミジアは抗生物質の服用で完治させることができます。パートナーに感染することもあるので、早急に治療することが必要です。埼玉の泌尿器科はプライバシーをしっかりと守ってくれるので、プライベートゾーンの診断を受ける時も安心です。