自宅に取り寄せて検査する|尿失禁は体操や薬物での対策が可能|感染力の高い性病
女医

尿失禁は体操や薬物での対策が可能|感染力の高い性病

自宅に取り寄せて検査する

医療器具

様々な性病がありますが、中でも梅毒は非常に強い感染力を持っている性病になります。梅毒はかかると完治させることの難しい性病といわれていましたが、梅毒ペニシリン薬が発見されたことによって、治療が可能となりました。現在では完治させることのできる病気ではありますが、早期的に治療を始めることが大切なのです。梅毒は性交渉感染から3週間ほどで発症します。股の付け根や陰部、またリンパ節などが腫れることがあります。感染した箇所には小さなしこりが無数にできます。このしこりに痛みはありません。しこりはしばらく経つと消えますが、場合によっては症状が出ないこともあるので注意しましょう。梅毒の検査は泌尿器科で行ないますが、仕事が忙しくて病院へ行くことができない人や、他の事情で診察を受けることができない人もいるでしょう。この場合は、梅毒検査キットを取り寄せ自宅で検査をすることが可能です。注文から早ければ翌日には届きますので、すぐに検査を行なうことができます。自宅で検査を行ったあとは、同封された封筒に必要な物を入れ郵送するだけです。後日検査結果がホームページなどから確認ができるので、検査結果で陽性が出た場合は泌尿器科で治療を受けましょう。梅毒はエイズウイルスとの合併症として感染することが多いといわれています。梅毒検査には、エイズウイルス検査も合わせて行われることが多いです。検査を受けることができるなら、エイズウイルス検査も一緒に受けておくといいでしょう。